身近になった家庭用脱毛機

家庭用の脱毛機が人気を集めています。少し前まで脱毛というと、サロンやエステなどに通って行うものであると言う認識でしたが、大手家電メーカーの参入で、ここ最近大きな市場となっている感があります。脱毛機を入手すると、さまざまなメリットがあります。

なんといっても好きなときに脱毛ができるという、時間的制約から開放される点がいいところで、朝だろうが夜中だろうが自分の都合のいい時間に行えます。



エステなどで行うとなると、こうはいきません。



予約はしないといけませんし、そこまで行く時間や交通費がかかります。自宅で行えば自分の気の向いたときに気分が向いたときに行えます。

また服装も自由で良いわけで、半裸だろうが、全裸だろうが自分のライフスタイルにそった状況で行えます。

市販されている家庭用脱毛機には大きく3タイプのものがあります。


フラッシュ式、レーザー式、熱ワイヤー式です。熱ワイヤー式は脱毛機というよりは、除毛機と呼んだほうがいいかもしれません。
フラッシュ式は光を人体の毛のメラニン色素に当て、毛根にダメージを与えることで脱毛するものです。

脱毛中は痛みは少ないと言われていて、1回の照射面積が広いので照射回数を減らすことができ、コストも抑えられます。レーザー式は毛のメラニン色素に反応するレーザーを当て、毛乳頭にダメージを与えることによって脱毛をするものです。

医療用のレーザーと同じ仕組みですが出力が弱められていて安全にできています。
脱毛効果が高いとされていて効果を感じやすい方式です。
一方で、脱毛中痛みが大きいと言われています。



家庭で使う脱毛機といっても、光や熱エネルギーを使ってダメージを与えるものですから、機器の安全性には十分気を付けなければなりません。信頼性の低いメーカーの物を使い、やけどや怪我をした事例もありますから、販売実績や高い信頼性のあるメーカーの物を慎重に選ぶ必要があります。