光脱毛とレーザー脱毛の脱毛機の違い

脱毛サロンの光脱毛と美容クリニック等医療機関で主流のレーザー脱毛は、原理的には同じですが、脱毛機は全く違うものを使用しています。


まず大きな違いは価格でしょう。

医療機関で使う医療レーザー機器は、何千万円もするそうですし、メンテナンスにもかなりの費用がかかると言われています。

一方、脱毛サロンで使用している機器は、医療用レーザー機器よりひとケタ安いそうです。

もう1つの大きな違いは、照射するレーザーと光の性質及びエネルギーの大きさでしょう。



レーザーは光の一種ですが、波長が揃っていて拡散しにくい性質があります。一方で光はある範囲の波長のものを発光させることはできますが、拡散しやすい性質があります。

それから、医療用レーザー脱毛機は、かなり高いエネルギーのレーザーを発光させられますが、光脱毛の脱毛機は、安全のためエネルギーの低い光しか発光できません。
このような脱毛機の違いは、脱毛効果や施術回数等の違いとなってきます。



まず、脱毛効果はレーザー脱毛は永久脱毛ができると経験的に知られていますが、光脱毛は永久脱毛は出来ないとするのが一般的な評価です。

そして、レーザー脱毛は脱毛が完了するまでの施術回数が普通10回以下に対して、光脱毛は10回以上の施術をしないと効果的でないと言われています。



以前はレーザー脱毛は料金が高かったものですが、この頃では、徐々に下がってきているようです。


もし、永久脱毛を目指したいのでしたら、多少費用がかかるもののレーザー脱毛がおすすめです。